約 624x290 - このサイトについて

このサイトについて

約 1024x476 - このサイトについて

ミズモトアキラは多方面でその才能を発揮する日本のアーティストの一人で、その活躍は写真家として、ミュージシャンとして、デザインの分野、そしてもちろん作家としてと多岐に渡ります。若い頃にアキラは芸術の世界に魅せられ、それが様々な方面へと彼を導くことになりました。

現在、彼はDJとして音楽の分野に力を注いでいて、多くの音楽ジャンルで、多くのオリジナルの作品をプロデュースしています。しかしアキラは常に新しいものに夢中で、彼のようなアーティストとして考えても、それは少し型破りなタイプではあります。

ミズモトアキラは、ギャンブラーの心理を詳らかにしようと試みています。アキラはギャンブラーの認知心理と、それがギャンブルをしている時としていない時にどのように作用するか、ということについて取り組んだ一連の書籍の刊行を予定しています。

アキラは先ごろ、ミズーリ州スプリングフィールド出身からやって来たランディ・ブリッジスと会いました。ランディはアキラの書いた作品や音楽の大ファンで、そして彼自身もまた才能あるライターでした。彼はアキラの現在行っているプロジェクトのことを耳にし、それに参加したいと考え、そしてそのことが彼を「アキラミズモト・プロジェクト」へと導いたのです。

このサイトは、ギャンブラーがどのようにプレイするか、どんなゲームが好きか、そしてギャンブルをした時に基本的にどのように振る舞い、反応するかといったことをベースにして、様々なタイプのギャンブラーについて話しをしていきます。世の中には数多くの記事、レポート、定期刊行物、そしてギャンブラーの心理を描写した小説もありますが、それらが切り込んだ内容以上に私たちは深く探求していくつもりです。

少し話は遡ります。ランディは「アキラミズモト・プロジェクト」を始めるにあたり、ライターとリサーチャーによるチームを立ち上げました。そしてプロジェクトの最初の一歩として、カジノで働き、そのゲームについて理解することを試みました。当初の見解において、ランディとそのチームは、多くの人々がカジノから不満足な気持ちを持って帰路についていて、その主な理由がおそらく現金を失ったことによるものと結論づけました。

ランディとチームは、そこの常連客とも話を行い、何故何度負けてもギャンブルを続けているのかを尋ねてみました。そして多くの一般的な答えは「楽しいから」でした。そこからだけでも、ギャンブルは楽しくお金を消費させていて、勝ち目が少ないことがより興味を繋げているとみなしても間違いないでしょう。

その結果を元にランディと彼のチームは、プロジェクトを始めるのに必要な最初の一連のデータを集め、そこから全てを展開させていきました。私たちはこれらの既に発表し、そしてこれからも発表していく多くの情報をもとに人々を啓蒙していきます。

これはギャンブルに関することだけではないのです。これはこの業界があらゆる論争に晒されながらも、ギャンブルを魅力あるものに留めている理由に関することなのです。私たちは正確で興味深い情報をみなさんに提供し続けます。とりわけ世の全てのギャンブラーのために。